2D映像を3D映像に変換

2D画像コンテンツをリアルタイムに3D映像化、低コストでソフト開発が可能

現在の3D映像の仕組み

表示モデル

タレントプロダクション

立体映像表示とは: 立体の見せ方として、両眼視差情報を持つ2枚の平面(2D)画面を左右の眼に個別に見せて、 表面平面(スクリーン)の奥と手前を含む空間に、画面内の個々の被写体を定位させます。 (スクリーンの前後に奥行きを感じる3D映像空間を再現する)
その為に、映写側と人の眼の方に、夫々偏光フィルターを利用する方法があります。

(1)
2台のプロジェクター スクリーン上には左右の位置にズレた二つの映像(二重像)が、同時に投影されています。 二つの映像は、お互いに偏光面が直交する光を出しています。
(2)
このスクリーンを観る時に、左カメラの映像は左の眼のみで、右カメラの映像は右の眼のみで夫々観ることが出来る眼鏡です。

現在の3D映像の仕組み

(1)>出力したい3Dミックスフォーマットの種類が選択できるため、 様々なシステム用途に対応できます。
(2)3Dに変換した映像は3Dモニター上で表示できる他、L/Rの独立したHDSDI出力を装備するため3D 映像制作のワークフローを組むことができます。
(3)入力端子は、放送局等で標準に使われているHDSDIに加え、HDMI端子も装備するため、様々な設備環境で 「2D-3D変換」が可能です。
(4)「PARALLAX」(視差量調整)と「INTENSITY」(立体感の強さ)の 調整機能を装置し、出来上がりの3D映像をカスタマイズできます。

現在の3D映像の仕組み 現在の3D映像の仕組み